蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

島尾敏雄 「夢の中の日常」

島尾敏雄の作品といえば大よそ3つのパターンに分けられます。一つは実体験をもとにしたリアルな戦争体験記です。「出孤島記」「出発は遂に訪れず」「その夏の今は」の三部作などが有名です。二つ目は名作「死の棘」に代表されるような家庭内の悲劇を描いたものです(ちなみにこの「死の棘」は1990年に小栗康平監督によって映画化され、カンヌ国際映画祭審査員グランプリを受賞しています)。そして三つ目はここで紹介する作品のような、”超現実的”な世界を描いた作品です。どんな世界?と思われるでしょうが、要するに自分の見た夢を文章で再現したもの、あるいはそれを元にして広がっていった世界を描いたもの、という感じでしょうか。そのことを知っていて読むのと知らないで読むのとでは作品の受け止め方が変わってきますのでご注意下さい。知らないで読んでいると途中で何が何やらわからなくなって、あれ?この作品何が言いたいの?となってしまいます。あくまで夢の世界ですから何でもありなわけでして、その摩訶不思議な世界に入り込んで遊んでしまいましょうよというものですからそのへんご理解下さい。それにしても創作の部分が多少混じっているとは思うのですが、よくまぁここまでリアルに夢を覚えていられるもんだなと感心します。この作品を読んでからちょっと真似してみようかと自分の見た夢を翌朝思い出そうとしましたが、なかなかできるものじゃないです。夢を見ている時はいろんなことが展開していくのに、目が覚めるとどんどん忘れていきますよね。この作品の醸し出す、一見リアルに見えるのに幻想的で不思議な世界は結構はまる人も多いと思います。こういった幻想的な作品といえばダンテの「神曲」、カフカの「城」、埴谷雄高の「死霊」などが上げられますが、これらのものに共通することは、いろいろ難しく考えずに感性で読んでいけばより楽しめるということです。だからテーマは?ストーリーは?構成は?など余計なことは考えずに、柔らかい布団の寝心地を味わうように無心で楽しんでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

島尾敏雄 「出孤島記」

太平洋戦争の末期、敗色濃厚な日本の苦し紛れの秘策は神風特別攻撃隊だったわけですが、これは航空機によるものだけではありませんでした。様々な体当たり攻撃の方法が考案されましたが、その中の一つが船によるものです。船といっても軍艦のような立派なものではありません。今でいうならレジャー用のモーターボートみたいなものの先の部分に爆薬を仕込んだだけの実に頼りない構造のものでした。普通に考えればそんなものが巨大な鉄の固まりである軍艦を沈めることができるわけがありません。突っ込んで行く途中で射撃を受け、それが爆薬に引火して敵の船に辿りつく前に自爆してしまうのは明らかです。全くの自殺行為です。ところが戦争の狂気というものは敗色濃厚な国の指導者の正常な判断を奪って、こんな悲惨な攻撃を真剣に準備して実行に移そうとするわけです。その虚しい任務を任されたのがこの作品の主人公の部隊です。船による特攻の部隊を率いて、ある島で出撃命令を待つ部隊の隊長がこの話の主人公です。万全の体制で出撃命令を今か今かと待つ緊張感が作品の中に漲っています。その異様な雰囲気の中で、主人公の心理は国のために見事に死んでみせようという思いと、なんとか生き延びたいという思いが交差します。当時の多くの兵士が持ったであろう複雑な心理を持て余している様子が非常によく伝わってきます。それもそのはず、この話は作者の実体験をもとに書かれています。だから臨場感はすさまじいばかりです。出撃命令がなかなか来ない焦り、いわゆる死を待つ焦りはある意味死よりも辛いものなのかもしれません。じらすくらいなら早く死なせてくれと思ったことでしょう。当時は多くの若者がこんなつらい状況を体験したことを思うとなんとも胸に迫るものがあります。この作品は、「出発は遂に訪れず」「その夏の今は」の二作品につながります。発表時期は離れていますが、時間的につながっているので三部作と認識していいと思います。是非この二作品も読んで下さい。平和な世界において正常な心理状態でいられるありがたさを再認識できる作品です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

島尾敏雄 「死の棘」

この「死の棘」は島尾敏雄の作品の中でもちょっと特異な位置を占めるもので、彼の魂の全てを注ぎ込んだと表現してもいいくらいの大作です。非常に長い私小説です。何年も続いた自分の家庭のつらく悲しい時期をごまかすことなく赤裸々に綴っています。全てを読者に見せて、自分の苦しみをまるごと作品化してしまおうとする強い姿勢には脱帽のほかありません。ストーリーは極めて悲しく重いものです。島尾敏雄の10年にわたる浮気が奥さんにばれてしまい、そのショックによって奥さんは精神的に大きな傷をおってしまいます。今でいう躁鬱の状態になってしまいます。激しく憤って旦那を罵り、浮気相手とのことを細かい部分まで問い詰め追い込むかと思えば、次の瞬間には泣き出して死にたいと言ったりする、そんなやりとりを夫婦で毎日毎日やるわけです。これだと旦那もおかしくなるのは当然です。彼は苦しみから逃れるために発狂したようなフリをして逆に奥さんを慌てさせたりします。子どもたちはそんな二人の毎日のやりとりを、「カテイノジジョウ」と呼んで悲しんだり、あきれたり・・・まさに家庭崩壊です。なにしろこれが全部実話なんですからすごいというほかありません。家庭不和と、それに追い討ちをかける貧乏とで何度も転居を繰り返し、最後は奥さんの実家に帰ることになります。私小説もここまでくると凄まじいものがあります。島尾敏雄の自業自得と言ってしまえばそれまでなんですが、苦難を抱えた一家族の苦しみもがく姿にはやはり強く訴えてくるものがあります。この作品は小栗康平監督により映画化され、カンヌ映画祭でグランプリを受賞しています。外国の人の心もふるわせたということでしょうか。それともこういう「カテイノジジョウ」はどこの国にもあることだから共鳴するものがあったということでしょうか。優れた作家ほど生活そのもの、生き方そのものが作品になっていくものですが、ここまで自らの私生活を作品にすることができる心境に達することはなかなかできることではありません。苦しみの中で何かを悟ったからこそできることだと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード