蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

宮尾登美子 「菊亭八百善の人びと」

最近では街中に新しい飲食店ができても、1年か2年ほどで別の看板が上がっているというのが特に異常なことではなく、街行く人も「あ、今度はこんなお店になったか」と特に驚きもしないのが普通です。そういう時代に生きているからこそ、是非この作品を読んで頂きたいと強く思います。なぜならここには、「味を受け継ぐ」ということがどれだけ必死なものであるかが描かれているからです。京都などに行けば創業百年、二百年、三百年という言葉はよく聞きますが、それがいかに大変なことであるか、多くの人の汗と涙で繋がって来たか、その苦労の一端を知ることができると思います。この作品の舞台となる老舗の料亭「八百善」は江戸時代から続いており、戦後まもない頃、時節柄八代目が休業している状態から話は始まります。そこへ主人公の汀子が八代目の次男のもとに嫁に来ます。過去の名声となりつつあった「八百善」を復活させると八代目が決めて以来、汀子と九代目襲名を目標とする旦那の奮闘の日々が始まります。「八百善」の調理場を三代にわたって守ってきた板前さんが腕を振るう場面では、実に奥深い料理の世界を堪能できます。板前さんは江戸時代に先人によって残された料理本を参考に江戸の味を守ろうと必死です。まさにその姿を通して、「味を受け継ぐ」ことの責任の重さが伝わってきます。実はここで描かれている「八百善」は実在する料亭です(今は店舗はなく卸売などをされています)。作中で書かれている「八百善」の歴史は実際の歴史に即しています。江戸料理、職人気質、料亭の運営、男女の騙し合い、忠節と裏切り、飲食業の変化、様々な要素が絡んで読み応え十分の傑作に仕上がっています。個人的には宮尾登美子の作品の中でもかなりお気に入りです。是非読んでみて下さい。特に料理が好きな方にはお勧めです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

宮尾登美子 「岩伍覚え書」

宮尾登美子の父親は高知において遊郭に芸妓や娼妓を紹介する仕事をしていました。かなり繁盛していたようで地元では有名だったそうです。仕事柄任侠の世界とも縁が深く、そういう環境において商売を続ける人間的強さは十分にあった人のようです。その人が実に14年分もの詳細な日記を残しており、それが後に宮尾登美子の数々の小説の資料として生きることになりました。この小説はその日記の中の記事を大いに活用したもので、名前も父親の本名「岸田猛吾」を「富田岩伍」に替えて、父親をモデルにして描いています。その残された日記というのが「一日の空白もなく天候、来信発信、一日の出来事、金の出し入れなどぎっしりと」書かれていたそうで、当時の生活の様子を知る要素がふんだんに含まれていたそうです。父親の生きた時代を取材して描くという時に、いくら当時の関係者に取材したところで生活のディテールまではなかなかつかみにくいところでしょう。そういう意味ではこの日記の存在は非常に大きかったのではないかと思います。宮尾登美子の作品は様々な困難を乗り越えて強く生きていく女性を主人公にしたものがほとんどで女性の目から見た人生を描いていますが、この作品は珍しく男性目線です。岩伍自身が遊郭を舞台に芸妓娼妓業を営む上で起こる様々な出来事や経験を回想しつつ淡々と語るという形式をとっています。その語り口がまた粋で、任侠の世界を渡りあるいた男の自信を感じさせる淀みない口調でぐいぐいと物語の中に読者を引き込んでいきます。その技量には全く驚嘆を覚えます。宮尾文学の基礎ともいえる名作です。是非読んでみて下さい。この作品は「櫂」、「陽暉楼」、「寒椿」などの名作にも関連しているので続けて読まれることをお勧めします。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

宮尾登美子 「花の着物」

外国の女性が日本の女性を羨ましいと思うことがあるとすれば、それは黒く美しい髪を持っていることと、日本の美を象徴する着物を民族衣装として持っていることではないでしょうか?この着物という日本の民族衣装はおそらくその美しさにおいては世界でも稀なのではないでしょうか?今でこそ若い日本の女性は成人式か結婚式くらいにしか着物を着ませんけど、かつては生活の一部であり、女性にとってはそれぞれに思い入れのある非常に重要な存在でした。女流作家はこの着物をテーマにした作品をよく書きます。やはりそれだけ着物に対する強い思いがあるのでしょうね。宮尾登美子の場合はこの作品にそれが強く反映されています。花の柄の着物をいくつかピックアップして、その思い出などを綴った随筆集です。一つの章に一つの花柄という形で、菊、梅、藤、薔薇、椿、紫陽花、朝顔……などが登場します。楽しい思い出のある柄もあれば、見るだけで涙が出てくる悲しい思い出のある柄もあったりと、それぞれ単なる随筆を越えた心に残るエピソードが含まれており、実に感動的です。花の着物を着るということは季節を着るということであり、また思い入れのある着物を着るということは思い出を着る、人生を着るということになると思います。そういう着物の魅力を教えてくれる作品でもあります。これは是非若い女性の方に読んでいただきたいですね。そして着物に興味を持ってもらいたいです。私たちの国の民族衣装ですからね。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

宮尾登美子 「鬼龍院花子の生涯」

人生において大変な苦労を経験していないといい小説が書けないということはないと思いますが、苦労をした人が書くものには自ずと重みと説得力があるのは否定できない事実だと思います。ましてや宮尾登美子のように壮絶とも表現すべき波乱万丈な人生なら、その作品に重厚感が増していくのもうなづけます。では宮尾登美子はどんな生い立ちを経てきたか、簡単にご説明します。まず生まれは高知です。父親は芸妓や娼妓を紹介する仕事、いわゆる”女衒(ぜげん)”でした。荒くれどもの多い世界を渡り歩く必要があるので、父親もそれなりに地元では顔のきく人でした。つまり宮尾登美子はそういう荒っぽい世界の中で育ったわけです。そして結婚して満州に渡りますが、そこでご存知の敗戦の憂き目。乞食のようになって命からがら帰国します。(そんなこんなの波乱万丈は作品で読むことができますので是非どうぞ。)いくつもの試練を乗り越えながら強さを身につけ、多くのことを学ばれたわけです。ですからやはり作品に説得力が増すのは頷けます。この作品も自分の体験をベースに創作された作品ですが本当にリアルで迫力があって話の中に引きずり込まれていきます。それだけでもすごいのに、構成はきっちりと卒がなく、表現は流れるように美しいわけですから完璧といってもいいほどの完成度です。ストーリーはいわゆるやくざの家の栄枯盛衰を描いています。そう聞くとちょっとどぎつい作品かなと思われがちですが、女流作家特有の繊細で優しい文章だと抵抗なく読むことができます。この作品にはある種、エンターテイメント性があります。つまり読み手をぐっとひきつける面白さがあります。五社秀雄監督によって映画化されましたが、確かに映画にしたくなる作品です。とにかく面白いですから是非ご一読下さい。ちなみに五社秀雄監督の映画の中で、夏目雅子が啖呵を切って「なめたらあかんぜよ」と叫ぶシーンがありますが、これは原作にはないセリフですのであしからず。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

宮尾登美子 「櫂」

宮尾登美子は非常に数奇で波乱万丈な人生を生き抜いてきた苦労人ですから、その人生に関すること、あるいは家族やまわりの人間に関することで小説のネタが山ほどあるわけです。彼女が自分以外で最もネタにしたのが父親のことです。この作品の中では、岩伍として登場します。彼女の父親は芸妓・娼妓紹介業という商売をしていました。これは芸妓・娼妓になることを希望する女性と料亭や遊郭との仲立ちをする仕事です。岩伍はこの仕事で成功し、土佐では顔役になります。宮尾登美子はそういう家庭に生まれ育ってきましたので、いろんなドラマを目撃してきたわけです。この「櫂」に限らずその生い立ちをベースにして書かれた作品は、「春燈」、「朱夏」、「寒椿」、「岩伍覚え書」、「陽暉楼」・・・とたくさんあります。小説ネタに苦労しない人生だったわけですね。ただし作品ごとに視点はかわります。この作品の場合は岩伍の妻の喜和を中心にして物語が進んでいきます。つまり宮尾登美子の母親ですね。喜和は渡世人の岩伍に惚れて嫁入りします。岩伍は結婚後、芸妓・娼妓紹介業を始め、家のことは一切喜和に任せてその仕事に夢中になります。喜和は家を守って粉骨砕身岩伍に尽くしますが、岩伍の仕事が女性の涙と縁の切れないものであることが彼女の中で常に納得のできない部分としてあり、そのことはやがて岩伍との不和の原因にもなり、喜和の人生には徐々に影がさし始めます・・・。強い信念を持って生き、苦難に黙々と対処する一人の女性の人生を見事に描いた作品です。彼女の特徴である文章の美しさは言うに及ばず、物語としても面白く、かなりの長編ですが長さは感じさせません。彼女の出世作となった傑作であり、いわゆる宮尾登美子ワールドの入口でもあります。どうぞここからはまって下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

宮尾登美子 「天璋院篤姫」

実はこの作品は宮尾登美子初の歴史小説なんですが、とても初めてとは思えない完成度です。宮尾登美子の作品というのはこれに限らず実に仕事が完璧でそつがないというイメージがあります。事前の調査・取材が細かく深くなされていて、それをもとに明朗でテンポのよい文章で物事がきちっと表現されています。読む側にとっては非常に読みやすく、わかりやすく、好感をもって迎えられるわけです。おそらく人間的にもきちんとした方ではないかなと拝察します。そういう作家が歴史小説を書けば、こんなに素晴らしいものが出来上がるわけです。また、題材として取り上げた人物が天璋院篤姫というのも興味深いところです。天璋院篤姫は薩摩藩主島津斉彬の養女で、第13代将軍徳川家定の正室だった人です。初めは斉彬の謀略の道具として徳川家に送りこまれます。持ち前の判断力と度胸で様々な難局を乗り越えつつ徐々に周囲の尊敬を集めていきますが、やがては幕末の動乱に巻き込まれ徳川家の最期を看取るというつらい立場に至ります。波乱の生涯を強く生きた女性で、幕末の混乱期において重要な役割を果たしたにも関らず、歴史上の人物としてそれほど取り上げられないことにおそらく宮尾登美子自身、強く不満に思ったから筆をとったのではないかと思います。揺らぐことのない強い信念にそって行動する女性という意味で、宮尾登美子と天璋院篤姫の両者のイメージがえしぇ蔵の中では重なります。歴史を動かして来たのは男だけではない、その影には常に苦しみに耐える女の姿があったことを決して忘れないで欲しいと強く訴えられた一冊でした。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード