蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

五木寛之 「蒼ざめた馬を見よ」

福岡が生んだ大家、五木寛之がその名を世にしらしめた作品です。1967年第56回直木賞受賞作。この作品はとにかくストーリーが面白いので何も構える必要はありません。ちょっとしたサスペンス映画でも見に行った感覚で読んでみて下さい。エンターテイメント性にとんでハラハラドキドキ、どんなからくりがあるのだろうかと先が気になって止まらなくなります。主人公の新聞記者は冷戦中のソ連に行き、ある老作家が密かに書いた大作の原稿を託されます(この大作のタイトルが「蒼ざめた馬を見よ」です)。ソ連では出版が難しいので持ち帰って出版して自分の主張を世にひろめて欲しいと。そしてそれが出版されると世界中で大反響を呼びます。ですが何か裏がありそうな感じ……主人公がさせられた仕事は一体どういう意味があったのか……???この面白さはなるほど直木賞だなと納得できます。この「蒼ざめた馬を見よ」という表現には意味があります。これは聖書に出てくる表現です。「ヨハネの黙示録」の中に子羊が七つの封印を開封する場面がありますが、そこで4人の騎士が登場します。一つ目の封印を解いた時には白い馬に乗った支配を意味する騎士、二つ目では赤い馬に乗った戦争を意味する騎士、三つ目では黒い馬に乗った飢饉を意味する騎士、そして四つ目に登場するのが蒼ざめた馬に乗った死を意味する騎士です。「見よ、蒼ざめたる馬あり、これに乗る者の名を死といい……」という表現が出てきます。ここに由来しています。先に「ヨハネの黙示録」を読んでおくというのもいいかもしれません。よりその意味する部分を深くとらえることができると思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード