蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

石坂洋次郎 「りんごの花咲くころ」

石坂洋次郎とくればどんなイメージがあるでしょう?おそらく多くの人が、純粋、青春、若さ、健全、正直・・・そんなキーワードを思い浮かべることでしょう。まさにそういう作家です。「青い山脈」は映画化されて大ヒットとなったので知らない人は少ないでしょう。あのイメージを思い浮かべてもらえればいいと思います。作品を読む場合にえしぇ蔵がいつも感じるのは「安心感」です。変な気持ちにさせられないし、残酷なシーンも後味の悪い結末もなし。人間として守るべき常識というものが作品の中心にビシッとありまして、それに基づいていろんな物語が展開されていくので、まるで故郷の親のそばで暮らすような安心感を感じることができます。それこそが彼の最大の魅力と言っていいのではないかと思います。第14回菊池寛賞を受賞した時の理由が、「健全な常識に立ち明快な作品を書きつづけた功績」ということですからこれだけでも彼の作品の方向性というのがわかるかと思います。ところが意外なことに彼が最初に弟子入りしようとしたのは葛西善蔵でした。堕落しきった生活の中から作品を生み出す破滅型の作家である葛西善蔵を師匠としたのは同郷の先輩だったからですが、案の定同じ方向性を歩むことはできず、全く逆方向の健全な作風に進んでいきました。師匠への反発からでしょうが、一方で師匠への敬意は終生持ち続けたことは彼の人柄をよくあらわしていると思います。この作品は戦後に生き残った人間のたくましく生きる姿、新たな希望を探す姿を描いています。戦争に行った旦那が帰らず、生きるために必死で働く女性のもとに一人の若い男性が現れます。彼は部下として戦場で旦那の最後を看取った人でした。彼は恩ある人の奥さんの苦境を救ってあげることが自分の義務だと思い、懸命に支え続けます。彼女もひたむきな彼の奉仕に感謝します。そしていつしか二人の間には暖かい愛情が交わされるようになっていきます。なんとも心温まる作品で、石坂洋次郎ワールドそのものがあります。こういった作品を読んでたまには心の洗濯をしてみるのもいいと思いますよ。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

石坂洋次郎 「青い山脈」

原作はもちろん、映画も有名、歌も有名。戦後間もない頃の日本人の心をとらえた「青い山脈」は、石坂洋次郎の代表作です。いわゆる爽やかな青春もの、健全な物語を書かせたらこの人はまさに筆頭でしょう。1966年に第14回菊池寛賞を受賞した際の評価は、「健全な常識に立ち明快な作品を書きつづけた功績」ということですからその作品の傾向は自ずとわかって頂けるのではないかと思います。もともと同郷の葛西善蔵にあこがれて弟子入りしようとしますが、そのあまりの酒乱ぶりに幻滅を覚えます。葛西善蔵の小説は作家自ら堕落することにより、一番底辺に到達した人間の心理を描こうというものでした。師と仰ごうとした人に失望した彼はその対極をいく作品、つまり健全な文学というものを自らのテーマとします。そして「海を見に行く」をきっかけに成功への階段を登って行きます。戦後にこの「青い山脈」を朝日新聞に連載して好評を得、映画化も成功し、「百万人の作家」とまで呼ばれて”石坂洋次郎の時代”を築きます。この作品を読み進んでいくと、「あぁかつて日本人はこんなに爽やかな青春時代を過ごしていたのか」とちょっとうらやましくなります。まぶしいほどに純粋な世界です。日本がまだ貧しい時代を背景にしていますが、登場する人々の心は豊かで元気いっぱいです。実に微笑ましい場面の連続です。読み終えた後にはおいしくて身体によいものを食べた時のような後口の良さがあります。人の心が複雑化したり歪んだりしている現代においては特に読まれるべき作品ではないかなと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

石坂洋次郎 「海を見に行く」

石坂洋次郎の「青い山脈」や、「陽の当たる坂道」などの健全な青春を描いたものは、そのままドラマや映画の脚本になるようにわかりやすく書かれています。はっきりとしたストーリー展開、個性豊かでかつ善良な登場人物、安心して見れるハッピーエンドな結末、芸術性よりもわかりやすさを重視した状況描写・・・などなど、要するに全体的にわかりやすいのです。実際にこういった作品が多くの人に読まれたことにより、彼は「百万人の作家」とまで呼ばれました。こういうふうに書くとベストセラーを連発する大衆作家というふうに誰しも認識することでしょう。でもそれは彼の一面しかとらえていないということをここでえしぇ蔵は強く主張したいのです。彼の名声を高めた代表的な作品の名前をあげる時には必ずこういった大衆小説的なものが先に出てきますが、文学性の極めて高いものもたくさん書いていることを知って頂きたいのです。文学の中に芸術を追い求める人たちの中には、「なんだ、あの健全小説の石坂洋次郎か」と思っている人も多いと思います。えしぇ蔵としてはここで紹介する「海を見に行く」や、「草を刈る娘」、「壁画」、「リヤカアを曳いて」などの作品も是非読んで頂きたいです。きっと石坂洋次郎という人の作品のイメージがかわると思います。実際、えしぇ蔵もこれらを読むことで大きく石坂洋次郎観が変わりました。この作品はまだブレイクする前、学生結婚した若い彼が文学の道を遠望しつつ焦慮の日々を暮らしていた頃をモデルにしたものです。夢を追いかける者が途中で抱く不安や焦慮が作品全体でうまく表現されている傑作です。特に書き出しの素晴らしさは秀逸です。初期に発表された作品で、これが注目されたことにより作家としての道が開けます。基本的にはこういう傑作を早い時期から書けた人なんだということを知ってもらいたくて紹介しました。健全な青春ものとはちょっと違う石坂洋次郎をお楽しみ下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード