fc2ブログ

蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

大岡昇平 「事件」

大岡昇平といえば、「野火」「レイテ戦記」「武蔵野夫人」「花影」などを連想しますが、今回ご紹介するのはなんと推理小説です。ちょっと意外ですよね。実は大岡昇平は推理小説に関しても造詣が深く、有名なイーデン・フィルポッツの「赤毛のレドメイン家」などを翻訳しているほどです。えしぇ蔵は、群を抜いて優れた作家というのはジャンルを問わずに傑作が書けると思っていますが、これも一つの例ではないかと思います。非常に優れた推理小説で、1978年に日本推理作家協会賞を受賞しています。簡単にストーリーを説明しますと、1961年の夏に神奈川県の山中で女性の死体が発見されます。すぐに19歳の少年が容疑者として逮捕され裁判にかけられますが、裁判が進むにつれて新事実が次々に明るみに出て、明白と思われた事件が複雑化していきます。果たして少年は本当に犯人なのか?判決はどうなるのか?というサスペンスです。ストーリーが面白いのは言うまでもありませんが、特筆すべきは日本において犯罪が発生した場合、どういった手順で裁判が進行するのか、誰がどんな役割を果たすのか、どれぐらい手間暇かかるものなのか、そして判決はどうやって決められるのかという、日本の裁判のしくみが事細かに順を追って説明してあることです。本当に驚くほど詳細に調べてあり、えしぇ蔵は読んでる途中で、大岡昇平は弁護士か検事の経験があったかしら?と調べなおしたほどでした。実際はそういった経験はなく、徹底して調査し関係者にアドバイスをもらいながら書いたそうですが、作者を知らずに読めば法曹関係の人が書いたと思うことでしょう。その調査力には圧倒されました。大作なので調査から執筆までかなりの労力を使ったであろうことは容易に推測できます。間違いなしの傑作です。是非読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

横溝正史 「車井戸はなぜ軋る」

タイトルを見て、え?こんな作品があったの?と思われる方も多いと思います。横溝正史といえば、「八つ墓村」、「犬神家の一族」、「本陣殺人事件」、「獄門島」、「悪魔が来りて笛を吹く」などなど、名作がすぐにいくつも思い浮かぶと思いますが、この作品が挙げられることはまずありません。なぜならこれは短編だからです。どうしても長編の方に有名な作品が多いので、なかなか短編の名作にスポットライトが当たりませんが、実は横溝正史は短編・中編にも名作が揃っているのです。それを強調したくて、今回は短編の中からまずはこの作品を選びました。この作品の特徴として一番に注目すべきは、珍しく書簡体で書かれているということです。身体の弱い妹が、遠方の療養所で結核の治療をしている兄にあてて、日々の暮らしから事件の展開までを逐次報告する手紙という形で物語が進みます。途中、新聞記事も挿入されたりしますが、要するに紙に書かれたもの(手紙・新聞)を手に取って読んでいるという感じがします。これは人の手紙を盗み読みするような緊張感があるせいか、話の展開にぐいぐいと引き込まれます。事件は嵐の夜に起こります。若い夫婦が惨殺されますが、盲目の旦那は井戸の中で発見されます。謎が多いこの事件で大事なのはこの「なぜ旦那だけ井戸に捨てられたのか?」ということです。これが事件解決への鍵になります。最後まで読むと思わず「なるほど!」と言ってしまうような納得のいくからくりです。ストーリー全体の構成も完璧でトリックにも無理がなく人物描写も見事で、まさに完璧の仕上がりではないかなと思います。横溝正史の短編の傑作を是非読んでみて下さい。ただ、金田一耕助ファンの人には残念ですが、最初と最後にほんのちょっとしか登場しません。そこは予めご承知おき下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

吉村昭 「海の史劇」

日本と外国との戦争を描いた作品は数限りなくありますが、おそらくそのほとんどは日本の目線で描かれていると思います。日清、日露、日中戦争、そして太平洋戦争でもその描き方は日本から見た戦争になっているのがほとんどです。それは取材がしやすいということもあるし、また日本の立場に同情的に書きたいという意図もあるからだと思います。しかし戦争には相手国があります。つまり先方にも思惑は大いにあるということです。でも視点を片方の側だけにおくとどうしても視点を置いた側に肩入れした形にならざるを得ません。その点から考えると、日露戦争における日本海海戦を描いたこの作品は、日本側とロシア側双方とも徹底的に取材し、そしてどちらかに偏ることなく公平に史実を描いているので、評価すべき希少な記録文学なのではないかと思います。通常日本海海戦を題材にする時は、華々しい日本の勝利をメインにしてその前後を少し盛り込んで描くというのがだいたいのパターンですが、この作品はロジェストビンスキー率いるバルチック艦隊が出港する場面から始まります。そこからしばらくは艦隊が七ヶ月もかけて地球の半分を回航してくる苦難の記録です。実に様々なトラブルに見舞われながら、必死の思いで戦場まで到達したことがわかります。海戦以前のバルチック艦隊の苦労をここまで詳細に描いた作品は珍しいと思います。そして迎える側の日本の準備、心境も当然詳細に描かれています。そして迫力の海戦シーンも徹底的に綿密に描かれており、迫力は非常にリアルに伝わってきます。そして海戦後の顛末もまたしかり。捕虜になったロシア人たちへの日本の待遇はどうだったのか、そして関係者のその後の人生まできっちりと描かれています。完璧な仕事です。その文章には冷静に歴史を見る目と真実を伝えようとする情熱が含まれています。歴史の見方を考え直してみるという意味においても絶対にお勧めの作品です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

三島由紀夫 「豊穣の海」

日本の文学も世界の文学も21世紀の現在ともなれば名作は山ほど残されているわけですが、その中で最も優れていると思うものを選べと言われたら皆さんなら何を選びますか?えしぇ蔵は世界で最も優れていると思う作品は迷うことなくドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」を選びます。この先の未来においてもそれ以上の作品が現れるとはとても思えません。それほど群を抜いた存在だと思います。では日本文学においてはと聞かれたら、これも迷わず三島由紀夫の「豊穣の海」を選びます。三島由紀夫の最後の作品で、えしぇ蔵が思うに最高傑作です。主人公が輪廻転生を繰り返していきますが、それを友人がその一生の間で追いかけて出会いを繰り返すという時空を超えた壮大なドラマです。「春の雪」、「奔馬」、「暁の寺」、「天人五衰」の四部に分れています。主人公は一部終わるごとに来生はどこで会えるかのヒントを友人に残します。友人はそれを手掛かりに生まれ変わった主人公を探します。生まれ変わるたびに異なる舞台で異なるドラマが展開するので、非常に長い作品ですが全く飽きさせません。三島由紀夫ですから文章から溢れる知性と気品は卓越したものであり、エンターテイメント性も際立っています。「カラマーゾフの兄弟」もそうですが、小説としてのあらゆる魅力を持っています。この作品を書いた後、市ヶ谷の自衛隊駐屯地に行って決起を呼びかけ、それに失敗して割腹自殺をしますが、その前にこの世での最後の輝きを残そうとして、その持てる力を最大限に発揮して書いたのではないかと個人的には推測しています。まさに渾身の一作です。作品も生き方も後世に多大な影響を残した人ですが、その大きさを感じるには最も適した作品ではないかと思います。自分の国にこんなすごい作家がいたことは世界に対して大いに誇れることだと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

壺井栄 「草の実」

脂っこい料理もいいですが、そういうのが続くと今度はあっさりとした料理が欲しくなります。人間どこかでバランスをとろうとするのが普通だと思います。読書においても同じです。難しい作品が続くと、今度は読みやすい作品が欲しくなります。そういう時にオススメなのが、石坂洋次郎や壷井栄です。難しい表現や汚い表現は用いず、洗練された表現でわかりやすく語りかけてくる作品は読み進むことが非常に気持ちよく感じられます。ストーリーもテーマとしては決して軽いものではないのに読後感を爽やかにしてくれるのは筆者の技術以外のなにものでもありません。この作品では、同じ祖先を持つ本家と新家が隣同士でありながら過去のいろいろな事件を経て憎みあうようになります。ところがその両家の子ども同士は成人してから恋に落ちます。お互いの親が反目しあう中、二人は結ばれるために自分たちの未来を信じて励まし合いながら生きていきます。そんな若い二人の純粋なひたむきさというのがこの作品の中心にあります。人はきっと和解しあえる、きっと仲良くできると信じることの大切さを若い二人は読者に教えてくれます。これですよこれ。ここに壷井栄ワールドがあるわけです。人間関係で苦労して傷ついた人が帰っていく場所がここにあるわけです。希望が常にそこにあるのです。代表作の「二十四の瞳」を読めばわかると思いますが、壷井栄の作品では人間が本来持っているはずの強さ、善良さ、優しさを信じて生きていこうじゃないですかというメッセージ性を強く感じます。誰しもが人生の苦悩を抱えていることを前提に、生きて行く上での励ましが込められています。おそらくそういうメッセージ性をより広い世代に、より多くの人に伝えたいがために、明快でわかりやすい文体にしてあるのではないかと個人的には推測しています。子を思う母親の優しさのようなものが感じられます。普段の生活で精神的な疲れを感じた時、ちょっと一休みしたいと思った時に是非読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

芥川龍之介 「奇怪な再会」

芥川龍之介の作品ってやっぱり面白いなぁとしみじみ思います。何度も読み返した作品もありますが、読むたびにストーリーはわかっていても引きずりこまれます。そして読み終わった後にじーんとなにかが残ります。そんな作品の一つがこの「奇怪な再会」です。これは悲恋の物語のようでもあり、ホラーのような要素もあり、ミステリーの雰囲気も感じさせつつ、社会問題を取り扱っているような側面もあります。面白いストーリーを思いついたから書いたという単純なものではないところがさすが芥川龍之介だなと感じます。短い作品ですが厚みがあるというか、奥が深いというか、完成度の高さに圧倒されます。不思議なストーリーなので是非本編を読んで頂きたいのですが、簡単に紹介しますと、時代は明治28年の初冬です。この年の春に日清戦争が終わったばかりです。このことが作品全体を通して大きな意味を含みます。陸軍一等主計の牧野という男は、お蓮という女性を本所に囲います。ある程度の社会的成功を収めた男が妾を持つことはこの当時珍しくありません。ただ、このお蓮という女性には何か悲しい過去があるようです。それがお蓮の回想や、牧野と御用商人の田宮という男との会話などから少しずつわかってきます。そのお蓮の言動や行動が、徐々におかしくなっていきます。そして最後は悲しい結末を迎えますが、そこで諸々の謎の真相がわかります。お蓮のことを思えばなんともせつないストーリーですが、それはこの当時の社会の悲哀を描いているということで、もっと深い意味が含まれていると感じます。読後の余韻までなんともせつないものがあります。あの後、お蓮はどうなったのかなぁと。そしてお蓮のような女性が当時はたくさんいたんじゃないかと思うとまたさらにせつなくなります。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

海野十三 「赤外線男」

このブログで紹介する作家でその作品が今では手に入りにくいという人は結構いますが、この人もそうです。でも今はネット社会ですから本屋に並んでなくてもネットで是非探して頂きたいです。海野十三(うんのじゅうざ)は戦前の昭和初期に活躍したSF・推理作家です。年代的には江戸川乱歩の後になりますが明らかに影響を受けているようで、猟奇的な面やお色気もあるところなど作品も似ています。最大の特徴は何といっても日本の推理小説に初めて科学的な要素を取り入れたことです。早稲田大学の理工科の出身でもともと科学的な素養があったことを大いに活用して非常に興味深い作品を書いています。SFの作品も多く書いているのもうなずけます。化学、電気工学、光工学、解剖学、生物学、医学、薬学などなど、様々な専門知識を駆使した巧みなトリックやプロットを作品に取り入れているので、他の推理小説とは一味違ったものが楽しめるのは間違いありません。この作品は赤外線をテーマにしています。赤外線は人の目には見えません。つまり目には見えない男というわけです。要するに透明人間ですね。それが連続殺人を起こすわけですが、見えないので手のほどこしようがありません。本当に赤外線男というのは存在するのか?名探偵帆村荘六がこの謎に挑みます(帆村荘六はつまり江戸川乱歩でいう明智小五郎的キャラクターです)。江戸川乱歩の「透明人間」とはまた違ったトリックで、多少無理は感じますがそこはエンターテイメントということで楽しんで頂ければと思います。日本の推理小説の歴史において異彩を放つ作家の作品に是非触れてみて下さい。江戸川乱歩が好きな方はきっとはまると思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

谷崎潤一郎 「刺青」

谷崎潤一郎という名前は文学好きの人にとっては本当に偉大な響きを感じると思います。えしぇ蔵としては夏目漱石に並ぶ日本文学の最高峰ではないかと感じています。その偉大さを表す一例として、作家が憧れる作家ということが言えると思います。実に多くの有名な作家が彼を敬愛しています。読む方の文学好きはもちろん、書く方の文学好きにとっても非常に大きな存在です。その谷崎潤一郎のデビュー作とされているのがこの作品です。実はその前にも作品があるので、どれが本来のデビュー作かは意見が分かれるところですが、本人がデビュー作と言っているのはこの作品です。小山内薫が明治40年に「新思潮」という文芸雑誌を立ち上げますが、明治43年からの第二次の頃に谷崎潤一郎は参加しています。ここで最初に発表したのが「誕生」で、出世作となるのがこの「刺青」です。この頃からすでに谷崎ワールド全開という感じがします。圧倒的な文章力を基盤とした上で展開されるストーリーには極めて美しいエロティックさがあります。凄腕で有名な刺青師の清吉が、最高の作品を残すためにそれに見合う肌を持った美女を探し続けます。何年も探したのちにようやく見つけたのは内気な少女でした。その子を眠らせて背中に大きな蜘蛛の刺青を彫ります。少女は目を覚ますと、急に迫力を帯びた悪女のような態度に変わり、清吉に向かって、「お前さんは真先に私の肥料になったんだねえ」と言って背中の蜘蛛を見せます。そのシーンの妖しさと美しさ。これぞまさに谷崎潤一郎です。短編ですが読んだ印象は読後もずっと消えません。初っ端からこういう作品を残す人ですから、その後の生涯において傑作を多く残したことも不思議ではありません。もしまだ谷崎潤一郎の作品に触れていないという方は、最初の作品として是非お勧めします。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

大江健三郎 「美しいアナベル・リイ」

ある古本市で買った作品です。全く前提知識なしに読み始めました。最初の場面は、大江健三郎が息子の光さんをサポートしながら散歩しているところから始まったので、あれ?これは随筆かな?それとも私小説なのかな?と思いながら読み進んでいきました。出てくる登場人物との会話の中にノーベル文学賞受賞のことなどが出てくるので、これは実話だなと認識したまま半分ほど読みました。この作品はチャイルドポルノが素材として登場するので、そんなスキャンダルがあったのかと思った時に待てよ、と思いました。大江健三郎に関する過去の出来事を調べてもそんな事実はありません。そこでようやく気付きました。大江健三郎がよく使う手法だったと。登場人物が実在の人と架空の人が混ざっており、ストーリーは事実を絡めながらも実は全く架空のものというパターンです。以前もこれで騙されたことがありました。巻末の解説に「ファンタジー化した私小説」という表現がありましたが、非常に的確だと思います。そういうわけですから作品のリアリティが際立っており、ストーリーに引き込まれます。大江健三郎を始め登場人物が若かりし頃に企画したけど完全に作品化できなかった映画があり、それを何十年も経過した今、もう一度トライしようという話です。作品化できなかった理由が、チャイルドポルノではないかと疑われたからでした。その時の少女は国際派大女優に成長していました。果たして二度目のトライはうまくいくのか?残されたフィルムを使って新たに映画化できるのか?結末は作品を読んでお確かめ下さい。この作品を読んで、ノーベル文学賞をとるような人の力量というのはやはり圧倒的なんだなとしみじみ感じました。やはり段違いにすごいです。小説書いてみようと思った自分が全くの身の程知らずだと痛感させられました。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

井上靖 「闘牛」

皆さんは井上靖の名前を聞くと、文学小説の作家と思いますか?それとも大衆小説の作家と思いますか?もし多くの人の意見を集めたら結構票が分かれるのではないかと思います。作品をいくつか読まれるとわかると思いますが、非常に分類の難しい作家です。文学性は高いと思うんですが、ストーリーもしっかり面白くて、一般的な文学小説のように表現を楽しみながらじっくり読むというより、面白いので一気に読んでしまうことが多いです。逆に言えば絶妙な立ち位置にいる作家ということになるのでしょうか。井上靖は若い頃に懸賞小説で入選したことがありますが、その後新聞記者生活を14年も続けたので本格的にデビューしたのはかなり遅く、次に書いた「猟銃」の時は既に42歳でした。そしてこの「闘牛」を書いて、見事第22回芥川賞を受賞したのが43歳の頃です。遅咲きの部類に入るとは思いますが、それだけに人生経験を積んだ後の作品なので完成度も高く、ベテランの風格さえ感じます。この作品もやはりストーリーが面白いのが大きな特徴です。「闘牛」といってもスペインのように牛と人が戦うのではなく、牛と牛を戦わせるものです。主人公は新聞社に勤めていますが、社の一大イベントとしてこの「闘牛」を企画します。なんとか成功させるために奔走する毎日が始まります。開催日が近づく間、様々な準備が必要ですが、次々に起こるトラブルにも頭を悩ませます。おまけに開催できる日程が変更できないので当日雨が降ると中止となり、社に多大な損失を負わせることになります。いろんな人々の思惑も絡めつつ、イベントが成功するかどうかのハラハラとさせる展開が見事です。率直な感想としてはやはり面白い!ということです。読ませます。その後、名作を次々に発表しますが、やはりどれも面白いことは共通しています。井上靖はノーベル文学賞候補にもなったことがありますが、なるほど欧米の人にも好まれそうな作品が多いです。最近こういうタイプの作家があまり見受けられないのはちょっと寂しいですね。皆さんも是非、”面白い文学小説”の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょう?

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

 | HOME |  »

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する