fc2ブログ

蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

山本謙一 「まりしてん誾千代姫」

もし戦国時代の武将で誰が一番好きかを聞かれたとしたら、一人だけ選ぶのは難しいですがその最終候補には必ず立花宗茂がいます。戦上手で強いのに欲がなく物事に執着しない。素朴で純粋で真直ぐな人。そういうイメージがあります。そういうわけで立花宗茂が主人公の小説はたくさん読みました。そういった作品を読んでると当然ながら正室の誾千代は登場しますが、男勝りの強気で我儘な女性というイメージで描かれているのが多く、あまり宗茂と仲がいいという印象は受けません。でも実際はどうだったのか?誰も本当のところはわからないわけですが、この作品を読んでみてあるいはこういう人だったのではないか?と思いました。タイトルにあるように主人公は誾千代の方です。武将の妻という立場で戦国時代の秀吉の九州征伐から徳川幕府の誕生までの時代を生き抜いています。宗茂は秀吉の到着まで島津の猛攻を耐えしのいだことで秀吉に高く評価され、柳川の城主となります。その後も朝鮮出兵などで手柄を立てます。ところが秀吉の死後の関ヶ原の合戦で西軍に味方したので、戦後処理で改易になるという波乱の人生を送ります(最終的には柳川藩主に復帰)。誾千代は妻として宗茂を支えますが、時には自ら武装して城を守るなど、男勝りの活躍も見せます。決して宗茂との仲は悪くなく、二人は最後まで相思相愛を通します。助け合って生きていく強い絆を描いてあります。一次資料には二人の仲が悪かったという記述は一切ないので、これが真実であると思いたいです。留守を守る女性の目線なので合戦シーンはあまりありませんが、ちょっと違った角度で描く戦国ものというのも非常に興味深いものがありますので、是非読んでみて下さい。特に女性にお勧めです。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

宮尾登美子 「東福門院和子の涙」

幕末に公武合体のために皇室から徳川家に降嫁した和宮の生涯を替え玉説にからめて描いた有吉佐和子の「和宮様御留」をこのブログでご紹介したことがありましたが、江戸時代初期にはその反対で、徳川家から皇室へ嫁に行った東福門院和子という人がいました。この作品では和子の生涯を幼少期から亡くなるまでそばにいてお世話をした侍女の目を通して描いています。東福門院和子は、徳川秀忠と正室の江との間に生まれました。江は織田信長の妹で美人として有名だったお市の方の3人の娘(茶々、初、江)の中の三女です。つまり和子はお市の方の孫になるので、美人の血を受け継いでいたのではないでしょうか。作品の冒頭では母親の江(作品の中ではお江与の方)とその姉妹の略歴とその時代の様子を紹介するところから始まっています。天下が統一され、江戸幕府によって平和の礎が徐々に盤石になっていく頃に、徳川家の最後の野望である皇室との縁戚関係の構築を実現すべく、和子は後水尾天皇の女御となります。この世に生まれた女性の中で最も幸福を極めたという意味の「稀なる福運の姫君」とまで言われましたが、和子の苦悩は皇室に入ってから始まりました。天皇の地位を受け継ぐ男子をなかなか生めない苦悩や、宮廷の心ない仕打ちなどに精神は傷めつけられていきます。そして後水尾天皇が侍女たちに生ませた子どもたちの悲惨な末路を知ってさらに心の傷は深まります。徳川家のため、皇室のために苦しみながらも生き続ける和子の姿が本当に痛々しく描かれています。結婚が政策であった頃の女性の立場を最も高貴な結婚を通して描いた宮尾登美子の傑作です。こういう作品はやはり女性でないと書けないのではないでしょうか。女性が描く歴史小説は男性作家とは違う角度で多くのことが学べます。是非ご一読下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

新田次郎 「槍ヶ岳開山」

登山というのは誰でもすぐに始められる身近なスポーツであり、レジャーですね。近くの里山にピクニック気分で登るもよし、日本アルプスのような高峰に挑むもよし、日の出を見るために富士山に登るもよし、フル装備で雪山に挑むもよし、自分の体力と相談していくらでも楽しむ範囲を広げることができます。日本では主な山は全て登頂されており、登山者が多い山は登山道も整備され、よほど無謀な挑戦をしない限りは安全に登頂できます。そうやって現代の私たちが登山を楽しめるのは、誰も登ったことのない山に誰かが最初に挑戦し、その経験を生かして後に続く人が出て、そのノウハウによって徐々にルートが確立され、そして多くの人によって次世代のための登山道が作られていったからです。だから感謝するために辿っていくとすれば、やはり初登頂した人に行きつくことになります。北アルプスにある槍ヶ岳の場合は、幡隆という僧侶が中田又重郎とともにそれを成し遂げました。この物語はその快挙を描いています。もちろん小説ですのでよりドラマティックにするために創作部分がかなり盛り込まれてはいますが、幡隆上人による開山というのは事実で本人が書いた記録も残っています(もし幡隆上人の真の姿に触れたいという方は穂苅三寿雄(ほかり みすお)の研究本を読まれるといいと思います)。前人未到の槍ヶ岳に挑む幡隆の胸の内には、過去にあやまって殺害してしまった妻に対する贖罪の思いがありました。そして苦心の末槍ヶ岳の頂上に立った時、霧の中に浮かぶ妻の姿を見ます……。過酷な環境で幻想的な世界が広がるシーンは感動的です。新田次郎お得意の山岳小説ですから臨場感は抜群で、一緒に登っている気分を味わえます。これを読めば皆さんもきっとどこかの山に登りたくなるのではないでしょうか。その時には是非、その山を開山した人への感謝の思いを抱いて、一歩一歩登って行かれるといいのではないでしょうか?

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

吉村昭 「海軍乙事件」

太平洋戦争に関する作品を書く人は多いですが、その背景となる場面はある程度偏りがあると思います。よく取り上げられるのは「真珠湾攻撃」、「ミッドウェー海戦」、「ガダルカナル」、「サイパン」、「インパール作戦」、「硫黄島」、「レイテ島」、「沖縄上陸」、「大和水上特攻」、「神風特別攻撃隊」、「東京大空襲」、「長崎・広島の原爆」などですね。これらはいわば誰もが知る場面であり、いわばメジャーなテーマと言えます。一方で吉村昭はこれらの出来事の裏で人知れず展開されたドラマを取り上げて作品化するのを得意としているようで、本当に絶妙なネタを持ち出してきます。この作品で取り上げられたテーマは題名そのままの「海軍乙事件」です。山本五十六連合艦隊司令長官がブーゲンビル島上空で乗機を撃墜されて戦死した事件が「海軍甲事件」ですが、その山本五十六の跡をついで連合艦隊司令長官になった古賀峯一が悪天候で乗機が墜落して死亡した事件が「海軍乙事件」です。この事件では古賀峯一ら一番機に搭乗していた者は全員死亡しますが、2番機はセブ島沖に不時着し、福留繁参謀長他数名が生存していました。しかし運の悪いことに敵のゲリラに救助され捕虜となります。それと同時に機密文書や暗号書が入った鞄を奪われてしまいます。その後、日本軍のセブ島守備隊によって救助されますが、鞄は戻りませんでした。ゲリラは鞄には興味を示していなかったので情報は洩れていないだろうという結論に落ち着いたのですが、もし鞄がゲリラからアメリカ軍に渡っていたらその後の日本軍の作戦がばれてしまうことになります。果たして実際はどうたったのでしょうか?戦後になってその答えがはっきりしました……。非常に興味深い事件で、面白すぎて一気に読んでしまいました。こんなスリリングなこともあったんだと感慨深いものがありました。大きな戦いの舞台裏で展開された重大事件を皆さんにも是非知って欲しいです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

宮城谷昌光 「呉越春秋 湖底の城」

あくまでえしぇ蔵の個人的な価値観の話ですが、どれを買ってもはずれはない、という作家が何人かいます。その中の一人が宮城谷昌光です。えしぇ蔵の本棚にはもうかなりの数の作品が並んでいますが、これは今一つだったという作品は一つもありません。どれも本当に面白かったです。その中でも特にお勧めはどれか?ともし聞かれたなら、「三国志」と一緒にこの「呉越春秋 湖底の城」を上げます。文庫本で全9巻なんですが、あっという間に読み終わりました。プロットが完璧で無駄がなく、文体が読みやすく、そしてストーリー展開が早いです。舞台となっているのは春秋戦国時代で、その中でも楚と呉と越が激しく戦った時期を描いています。主人公は二人いまして、1巻から6巻までは呉の黄金時代を支えた伍子胥(ごししょ)という人物で、7巻から9巻は越の名将の范蠡(はんれい)という人です。この小説の最大の特徴は、ライバルとなる二人の人物が主人公のリレーをするという点です。普通、歴史小説においては複数の国が争うというストーリーではどうしても主人公がいる国に肩入れして書かれるものですが、この小説の後半の呉と越の戦いにおいてはどちらもそれぞれの思惑で必死に戦う姿を描いていますので、両方応援したくなってしまいます。それと個人的に特筆したい点は、呉の武将として孫武が登場することです。あの「孫子の兵法」を書いた人です。戦略戦術のバイブルとして未だに参考にされる名著を残した人が実際に生きていたのがこの時代です。確かに数々の戦いで常に先手先手で勝利していきます。ついに一度も負けることなく呉を無敵の国にします。病気で若くして亡くなるのが残念ですが、この人が活躍するシーンは見物です。そして中国史に残る美女として名高い西施も登場します。他にもたくさんの魅力的な人物がドラマを盛り上げます。是非、全巻揃えて読んでみて下さい。古代中国史は、はまると抜け出せなくなりますよ。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

有吉佐和子 「和宮様御留」

有吉佐和子のベストセラーです。ドラマにもなっていますのでご存知の方は多いかと思います。有吉佐和子の作品だからしっとりとした文学作品かと思いきや、これは多分にエンターテイメント性を含んだ歴史小説です。とにかくストーリーが面白いので楽しめることは保証します。幕末のいわゆる「和宮降嫁」の顛末を描いています。和宮は皇女として初めて武家である徳川将軍家に嫁に行きます。日本が攘夷で大騒ぎになってる頃で、将軍家と皇室は力を合わせてことに対処していくべきだということで「公武合体」が叫ばれ、和宮はなんと1万人規模の行列を従えて将軍家茂のもとへ嫁ぎます。この出来事だけでも十分ドラマになりますが、有吉佐和子はここに一つの大きな仮説をたてています。それは嫁に行った和宮は替え玉だったという説です。何も知らない下女を和宮のように装わせて大芝居を打たせるわけですが、果たしてうまくいくのか?スリルもあって非常に面白いです。また、当時の皇室の様子が詳細に描かれている点も特筆すべきです。日々の生活のルーティン、衣装、部屋のつくり、食事内容、言葉遣いなど徹底的に調査していることがわかります。下女のフキは言われるがまま和宮を演じていますが、徐々にストレスが蓄積していきます。こんな生活には耐えられない、でも逃げることはできない、そんな状況で苦しむフキは一体どうなるのでしょう?おそらく皆さんの予想を裏切る結果が待っていますので是非読んでみて下さい。和宮替え玉説というのは昔からあって様々な検証がされています。インターネットでも見ることができますので、興味ある方は是非どうぞ。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

半藤一利 「ノモンハンの夏」

明治から昭和までの日本の戦争の歴史を説明する場合、大雑把に言うと日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、日中戦争、太平洋戦争という流れになりますが、これらの大きな戦争の合間にも外国との紛争はいくつも起こっています。なぜかわかりませんが、その中でもほとんど取り上げられないのが「ノモンハン事件」です。おそらく学校でもあまり教えないのではないでしょうか?これは満州事変をきっかけに日本が無理やり建国させた満州という国と国境を接するモンゴルとの間の武力衝突です。最初は満州軍とモンゴル軍の小競り合いでしたが、すぐにお互いのバックについている日本軍とソ連軍の戦いになります。日本の軍隊というのは大国ロシアに日露戦争で勝ったことで自信過剰になっていき、外国の戦力を侮るようになっていきました。特に陸軍はそれが顕著でした。「ノモンハン事件」の際にもソ連などちょっと脅せば撤退するぐらいに考えていました。そこで戦略上最もまずい「戦力の逐次投入」をしてしまいます。一方でソ連は日本を本気でたたきつぶすつもりで日本の数倍の戦力をもって包囲殲滅をはかります。結果的には日本の大惨敗でおわります。当時は都合の悪いことは秘匿されるので国民もこのことを知りませんでしたが、今でも歴史教育であまり取り上げないのは不思議に思います。後世の我々はこういうことがあったとしっかり学ぶ必要があると思います。そうでないと軍指導部のうぬぼれといい加減な作戦によってはかなく散って行った若い命があまりに不憫に思えます。そのことに憤りを覚えた半藤一利がこの紛争を引き起こして拡大させた陸軍の参謀本部の面々を糾弾する意味でこの作品を残してくれました。読んでいて本当に怒りを覚えます。この事件の指導者たちは予備役にされた者もいますが、多くは一時的に閑職についただけで太平洋戦争の頃には復帰しています。一方で前線では数千人という兵士が亡くなりました。中でも第23師団にいたっては損耗率76%です。本当に理不尽な話です。こうして詳細に明らかにしてくれた作者に感謝せずにはいられません。皆さんも是非読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

長與善郎 「竹沢先生という人」

「青銅の基督」で有名な長與善郎の作品です。この作品を普通の小説のようにストーリーをたどっていくものという感覚で読み始めるとちょっと戸惑うと思います。語り手の目を通して、教えを受けた竹沢先生との交流を描いてあるという点では確かにストーリーはあります。ですがそれは作品を形作る枠でしかありません。その中に盛り込まれているのは、宗教や哲学などに関する竹沢先生の主張です。竹沢先生を慕って集まる若い人たちが質問し、先生がそれに答えていくという形で作られた論文であるといえます。竹沢先生の主張というのはつまり長與善郎の主張です。作品の冒頭にもそのことは書いてあります。つまり長與善郎自身の抱く様々な考えを、竹沢先生の口を借りて表現しているということです。この点に注意して読み始めないと、会話の中で竹沢先生が演説のように長々と考えを述べるシーンなどには理解が追い付かず置いて行かれそうになりますのでご注意下さい。ゆっくりじっくり読めば、当時の世の中(大正13年~14年に雑誌「不二」に連載)の風潮とそこに生きる人々の考え方の一端を知ることができますので、非常に興味深いものがあります。長與善郎はエリート集団的な「白樺派」の作家なので、知性的な中にもやはりどこかブルジョア的な雰囲気が作品の中に感じられます。特に宗教について語る部分については同調できないという方もいると思います。でもそこは一人の作家の個人的意見ということで割り切って、時代を知るという意味で読んでいくと大いに参考になるのではないかと思います。今はなにかと忙しい時代ですが、こういう深い考察をじっくりと読む時間を持つということも必要ではないかなと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

豊田穣 「空母「瑞鶴」の生涯」

太平洋戦争に詳しい方なら、「瑞鶴」という名前を聞いただけでちょっと悲愴感を覚えるのではないでしょうか?歴戦の強者でありながら、最後は悲しい任務を背負わされる悲劇の艦ですからね。その「瑞鶴」の誕生から、真珠湾攻撃、インド洋作戦、珊瑚海海戦、ソロモン海戦、南太平洋海戦、マリアナ沖海戦、そして最後のレイテ沖海戦(エンガノ岬沖海戦)までの経過を乗組員たちの心情を織り込んで詳細に描いてあります。豊田穣自身、海軍のパイロットで艦上爆撃機の操縦員として空母「飛鷹」に所属していましたので空母における生活や搭乗員の任務などは実体験が前提としてあります。だから描写に揺らぎがなくリアリティが強烈で、かつ調査も徹底して行っているので信頼性もあって、そつのない作品に仕上がっています。読んでいるうちに完全に引き込まれます。太平洋戦争では特にそうですが、軍用機の搭乗員というのは出撃した数と帰ってくる数が同じということはほとんどありません。物語が進んでいく中で、前回は誰と誰が戻らなかった、今回は誰と誰が消息を絶った、という感じで親しい仲間が徐々に減っていきます。日々事務的に人命を奪っていく戦争の残酷さが、日常の様子からさりげなく表現されています。太平洋戦争は日本にとって勝ち戦だったのは最初の半年だけで、あとは負け戦の連続で徐々に追い込まれていきますが、数々の激戦を生き抜いた「瑞鶴」の最後の任務は、搭載する航空機もない状態でアメリカの機動部隊をおびき寄せるためだけの囮でした。活躍した艦であるにも関わらずそういう終わり方をさせられる時点でもう勝ち目がないということは誰しもわかっていたと思います。口惜しさ、悲しさ、虚しさ、いろんな感情とともに「瑞鶴」は沈みます。何か大きな生き物の悲しい一生を描いたような作品です。是非ご一読下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

豊田穣 「雪風ハ沈マズ」

戦争文学の世界において豊田穣は忘れてはならない作家のひとりです。自身が零戦乗りとして従軍経験があること、細かいところまできっちりと調べあげていることなど、まさに戦争の語り部としてはうってつけです。これからは従軍経験のない作家だけが太平洋戦争を書いていく時代になっていくので、豊田穣のような作家の作品は今後ますます貴重になると思います。この作品で取り上げているのは、奇跡の駆逐艦といわれた「雪風」の生涯です。太平洋戦争では多くの船が沈没し、終戦まで生き残ったものはほんのわずかでした。戦闘で沈められるのはもちろん、就航してすぐに撃沈された「信濃」や、停泊中に謎の爆発を起こして沈没する「陸奥」のような不運な船もある一方で、「雪風」は13回以上も出撃したにも関わらず、大きな損傷もなく終戦を迎えます。駆逐艦というのは戦艦や空母に比べると非常に小さい船ですので爆弾1個、魚雷1本で簡単に沈むこともあるのに、「雪風」の強運は戦中でも話題になりました。でもそれは運だけが理由ではありませんでした。艦長の見事な指揮と乗組員の卓越した技量によるところが大きかったことが後の調査で判明しています。作品は太平洋戦争の経過とともに進行しますが、生き残る「雪風」とは裏腹に、一緒に戦う他の艦船は次々に撃沈され、連合艦隊が徐々に数を減らしていく様子はなんとも悲しいものがあります。また、大きな艦船を護衛する駆逐艦という立場から描いた海戦の様子は非常に興味深いものがあります。いわば”脇役が主役”の戦争文学というのも戦争の全体像を知るには必要ではないかと感じました。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME |  »

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する