蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

藤原伊織 「テロリストのパラソル」

名を残した作家は優れた文学的才能を持っている反動なのか、人間的に規格外と判断せざるを得ないほど個性が際立った豪快な人が多いです。藤原伊織もそうです。無類のギャンブル好きだったそうで、負けがかさんで大変な借金を抱え、とうとう命の危険にさらされる状況にまで追い込まれた時に、その借金を返済するために賞金が1,000万円だった江戸川乱歩賞にこの作品で応募し、見事に受賞して難を逃れたという凄まじいエピソードを持っています。しかも!この作品はさらに直木三十五賞まで受賞しました。同じ作品がこの2つの賞を受賞したというのは前代未聞の快挙です。特に驚くのは江戸川乱歩賞に応募する際には受賞する自信があったということです。どれだけの天才かと思いますよね。この作品以前にもすばる文学賞などを受賞しており、才能に満ち溢れていました。自分で自分の才能を信じてたんでしょうね。この作品の凄さはほんの20ページほど読めばすぐにわかります。20ページでは止まりませんから。とにかく面白いです。無駄がなく早いテンポで読者をぐいぐい引っ張っていきます。そつのない全体の構成とハードボイルドな雰囲気、予想を裏切る巧みな展開、わかりやすい描写、そして何より登場人物一人一人の際だった個性、何をとっても完璧に仕上がっています。発表の場を待っていた才能が一気に飛び出してくると、こういうものが出来上がるのかもしれません。小説を書くために生まれてきたような人ですが、惜しいかな59歳で亡くなっています。作品も多くないです。それが何より残念です。流星のように駆け抜けた才能が残した名作を是非読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

森村誠一 「野性の証明」

1978年に公開された映画の原作です。高倉健が主演し薬師丸ひろ子がデビューした作品で興行的にも大成功したのでご存知の方がほとんどではないかと思います。当時は角川書店が小説を次々に映画化して果敢に攻めていた時代で、「人間の証明」もそうですがこの作品も映画化することを前提に角川春樹が森村誠一に依頼したものだそうです(ちなみに「青春の証明」という作品もあります。この3つは「証明三部作」と言われています)。映画化が前提ですからエンターテイメント性に富んでいるのは言うまでもありません。導入部分からいきなり読者を作品の世界に引きずり込みます。展開のテンポも速く、途中で読むのをやめにくい作品ですので、面白さという点は申し分ありません。複雑な伏線の配置も最後にはきっちりと結ばれて構成的にも完璧といっていい仕上がりです。物語は山奥にある貧しい村の情景から始まります。のどかな風景を連想させますが、それが一気に村人全員が虐殺されるという大事件へと続きます。その後、ただ一人生き残った少女を引き取って育てている男が主人公として話は進みます。虐殺事件を追う刑事、街を牛耳る悪徳企業、それと癒着した街の警察、勝手放題の暴走族。それらに囲まれながら、街を冒す悪事の全貌をさぐるために主人公は孤軍奮闘します。そして最後の場面ではおそらくほとんど誰も予想しなかったであろうような結末が待っています。あれにはえしぇ蔵も非常に驚きました。あまりに衝撃的で、実は夢オチなのではないかと疑ったくらいです。ところでここで注意して頂きたいことがあります。この結末はいわゆる映画のラストシーンとは全く異なります。それ以外にも映画化が前提であったはずなのに原作とは異なる部分がかなりありますので、むしろ別のものと考えて読まれた方がいいと思います。えしぇ蔵は断然原作の方がお勧めです。一気読みしてしまう可能性もありますので時間がたっぷりある時にお楽しみ下さい。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

山本謙一 「修羅走る 関ヶ原」

歴史小説が好きな人はおそらく戦国時代が最も興味ある時代だろうと思います。その中でも関ヶ原の合戦というのはあの時代の一つのクライマックスとして一番注目を集める場面ではないかと思います。えしぇ蔵もこれまでに司馬遼太郎、山岡荘八、池波正太郎などなど、たくさんの作家の作品で関ヶ原の合戦の場面を読みましたが、正直に言うとその中でも最も夢中になって読んだのがこの「修羅走る 関ヶ原」です。普通、関ヶ原の合戦のシーンは主人公の人生における一場面であったり、時代の大きな流れの中の一部分として描かれており、いわば通過点に過ぎません。わずか一日の出来事ですからそうなって当然です。ところがこの作品においては、なんと関ヶ原の合戦しか描かれていません。その前後関係は一切なし。あの日の出来事だけを描いています。それなら短い作品なのかと思いきや、これがかなりの量なのです。なぜそうなるのかというと、章ごとに主人公が変わるからです。つまり時系列に則ってあの合戦に参加した武将それぞれの立場、目線から合戦の様子を描いています。ある章ではAさんが主人公でBさんに会いに行った。次の章ではBさんが主人公でBさんの目線でAさんを見ている、という具合です。そうやって”目線”のリレーが行われていくにつれて合戦が徐々に進捗していきます。だから臨場感は抜群です。登場人物それぞれの緊張した様子がリアルに伝わってきます。実に斬新な構成に感服しました。山本謙一は「利休にたずねよ」でもそうでしたが、作品の構成におけるアイディアにおいては他を圧倒しているような気がします。こうやって一人一人に注目して読むと、時代の流れにおいて悪役など存在せず、皆必死に生きていただけなんだと学ばせてくれます。歴史の見方にまで影響を与えてくれる優れた作品ですので、歴史好きの人に限らず是非多くの方に読んで欲しいです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

高田郁 「みをつくし料理帖」

えしぇ蔵にとってこの「みをつくし料理帖」は、小説を書くということの大変さとその道で成功している人の偉大さを思い知らされた作品でした。これぐらい徹底的に調べないとだめなんだ、深い知識の基礎がないとだめなんだ、意表をつく想像力が必要なんだ、緻密で壮大な物語を構成する力が必要なんだと思い知らされました。一つの作品に自分の全てを賭けるほどの意気込みで挑まないと、人を惹きつけるものは書けないということを教わりました。そういった意味でえしぇ蔵は作者には多大の敬意を抱いています。物語は江戸時代の若い女料理人の話です。主人公の澪は大阪に生まれ、まだ幼い頃に水害で両親を亡くし、仲良しの幼馴染とも離れてしまいますが、「天満一兆庵」の女将に助けられ、そこで奉公人として料理の道に入ります。ところが火事で店は焼失し、江戸に出した若旦那の店を頼って旦那と女将と3人で上京しますが、江戸の店は潰れて若旦那は行方不明になっていました。さらに旦那は病死し、これから女将と二人どうやって生きていこうかと途方に暮れているところから物語は本格的に展開を始めます。まさにゼロからのスタートですが、澪は「天満一兆庵」を復興するために一人立ち上がります。この作品はハルキ文庫から全10巻で出ていますが、とにかく面白くて長さは全く感じません。次々に襲ってくる試練を一つ一つ乗り越えて成長していく澪の姿にも感動しますが、一つの章ごとに一つ登場する創作料理がどれも本当においしそうで、それをめぐる物語も非常に巧みにまとめられていて、章ごとに感心してしまいます。周囲の登場人物もキャラクターが確立されていて、試練を背負いつつも元気に生きている市井の人々を実に見事に描いています。食生活を始めとして江戸時代の様々な文化を細部に至るまで再現しており、時代考証においても歴史小説の中では一際優れているのではないかと思います。1冊ごとに巻末に登場した料理のレシピがありますので料理好きの方はチャレンジしてみるとより楽しめると思います。大量の感動と知識と元気を与えてくれる名作です。男女問わずそして全ての世代の人に読んで頂きたいです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

池波正太郎 「仕掛人・藤枝梅安」

誰しも読み始めたらあまりの面白さに他のことが何も手につかなくなるという本に出会ったことがあると思います。えしぇ蔵もこれまでにそういう本に何度も出会ってきました。その中でも特に強くひきずりこまれたのがこの作品です。仕掛人というのはお金を貰って、世の中のためにならない人を殺すことを請け負う人のことです。かつてテレビで「必殺仕掛人」、「必殺仕事人」などのドラマシリーズがありましたが、その元ネタとなった作品です。主人公の藤枝梅安は表向きは大変腕がよく評判のいい鍼医者です。しかし裏の顔はその針を使って人を殺す仕掛人です。ある事件がきっかけとなって仕掛人としての道を歩み始めた梅安ですが、常に罪悪感に苛まれつつ、せめてもの罪ほろぼしとして鍼医者として多くの人の命を救っています。この物語の面白いこと!続きが気になって、仕事も睡眠もそっちのけで読んでしまいました。吹き矢を使う彦次郎と凄腕の剣客の小杉十五郎と組んで悪い奴らを次々に倒していきます。池波正太郎の文章はテンポが速くて読みやすく、すぐにストーリーの中に捉えられてしまいます。講談社文庫から全7巻で出ていますが、おそらく誰しも最初の1冊を読めばすぐに7冊集めることになると思います。ただ、惜しいかな執筆途中で作者が亡くなりますので絶筆となっています。これが非常に残念で仕方がありません。まだまだ書き続けて欲しかったです。この作品には読者を惹きつけるもう一つの理由があります。それは食事の場面です。食通で有名だった池波正太郎ですので食事の場面の描写に非常に力が入っています。皆さんもきっと読みながらお腹が空くと思います(「梅安料理ごよみ」という作品も出ています)。さぁ皆さんも梅安の世界にはまって、7冊一気読みして下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

山本兼一 「利休にたずねよ」

山本謙一は歴史小説を多く残しており、「戦国秘録 白鷹伝」でデビューし、この「利休にたずねよ」で2008年に第百四十回直木三十五賞を受賞しています。この作品もそうですが、「火天の城」も映画化されたのでご存知の方は多いと思います。この人の歴史小説は他とはちょっと違った視点で描かれているのが特徴です。というのは、いわゆる戦国のつわものどもが国をとったりとられたりという荒々しいドラマを描くのではなく、文化人や職人などの目を通して同じ時代を表現しています。主人公たちが目指すのは敵の首や広い領地ではなく、自分の打込んだもの、究めたい道の先にあるものであり、自分の技を磨くことによって人生修行をしていく姿を描いています。主人公の歩む道はこの作品でいえば茶人ですが、「火天の城」で言えば宮大工であり、「いっしん虎徹」では刀鍛冶、「花鳥の夢」では絵師だったりと、どの作品も絶妙の着眼点で読者のツボを突いてきます。それだけに非常に興味深く読めて、かつ教訓にできる内容になっています。この作品では利休とその周囲の人それぞれの視点から利休や茶の湯のことがそれぞれ短編小説のように描かれており、しかもそれが利休の切腹の時点から徐々に時代を遡っていく形で並べられています。だから最後は若い利休の姿が描かれて終わるわけですが、そこで利休が一生抱き続けたもの、茶の湯に表現されながら誰も見抜けなかった真実が明らかになるという、非常に面白い構成で描かれています。これは画期的なアイディアだと思います。ある意味サスペンス的な要素も満載です。作中で描かれている茶の湯や器、茶菓や料理に関する細かい知識には驚くばかりです。完璧な仕事をする人だなと感じました。面白く読ませて、感動させて、勉強させてくれる素晴らしい作品です。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

有島武郎 「星座」

有島武郎も苦悩の人です。普通、貧乏に生まれた境遇を嘆くというのはよくある話ですが、彼の場合は裕福な家庭に生まれたことが一つの苦悩でした。それ以外にもキリスト教への疑問、奥さんとの死別、人妻との恋愛まど、様々な苦悩を経験し、その影響のせいか晩年は創作意欲が衰えていきます。こんなことではだめだと一念発起し、一つ大作を書いてやろうと取り組んだのがこの作品なんですが、残念なことに途中で終わっています。なぜなら彼はこの作品を完成する前に、当時中央公論者の記者だった波多野秋子と心中してしまうからです。でも未完とはいえ非常に楽しめます。残されている部分だけでも傑作であることはわかります。物語も面白く構成もしっかりしており、登場人物一人ひとりが交代で主人公になるというユニークな手法も取り入れられており飽きさせません。人物描写も見事で文章もきわめて美しいです。様々なキャラクターの若者たちのそれぞれの青春時代を描いていますが、それぞれ生き生きと描かれており若さに満ち溢れてキラキラと輝いている印象を受けます。つまりはみんな輝く星であり、それらが集まって星座を形作っているというのを表現したかったのではないでしょうか。一説では彼が札幌農学校の生徒だった頃の体験をもとにして書かれたと言われています。登場人物も当時の友人たちを彷彿とさせるそうです。この作品はもともと大正10年に発表された「白官舎」という作品を書き足したものです。構想としては四部作、あるいは五部作にまで及ぶ大長編小説になる予定で、ここで紹介する作品はその第1部にあたるものだったそうです。読んでみるとわかると思いますが、これから壮大なドラマが展開していくんだろうなという予感を感じさせます。それだけに第1部のみで終わったことは残念で仕方ありません。もしこれが完成していたら近代文学史においてかなり傑出したものになったことは間違いありません。続きは是非皆さんの想像の世界で描いてみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

吉村昭 「海軍乙事件」

太平洋戦争に関する作品を書く人は多いですが、その背景となる場面はある程度偏りがあると思います。よく取り上げられるのは「真珠湾攻撃」、「ミッドウェー海戦」、「ガダルカナル」、「サイパン」、「インパール作戦」、「硫黄島」、「レイテ島」、「沖縄上陸」、「大和水上特攻」、「神風特別攻撃隊」、「東京大空襲」、「長崎・広島の原爆」などですね。これらはいわば誰もが知る場面であり、いわばメジャーなテーマと言えます。一方で吉村昭はこれらの出来事の裏で人知れず展開されたドラマを取り上げて作品化するのを得意としているようで、本当に絶妙なネタを持ち出してきます。この作品で取り上げられたテーマは題名そのままの「海軍乙事件」です。山本五十六連合艦隊司令長官がブーゲンビル島上空で乗機を撃墜されて戦死した事件が「海軍甲事件」ですが、その山本五十六の跡をついで連合艦隊司令長官になった古賀峯一が悪天候で乗機が墜落して死亡した事件が「海軍乙事件」です。この事件では古賀峯一ら一番機に搭乗していた者は全員死亡しますが、2番機はセブ島沖に不時着し、福留繁参謀長他数名が生存していました。しかし運の悪いことに敵のゲリラに救助され捕虜となります。それと同時に機密文書や暗号書が入った鞄を奪われてしまいます。その後、日本軍のセブ島守備隊によって救助されますが、鞄は戻りませんでした。ゲリラは鞄には興味を示していなかったので情報は洩れていないだろうという結論に落ち着いたのですが、もし鞄がゲリラからアメリカ軍に渡っていたらその後の日本軍の作戦がばれてしまうことになります。果たして実際はどうたったのでしょうか?戦後になってその答えがはっきりしました……。非常に興味深い事件で、面白すぎて一気に読んでしまいました。こんなスリリングなこともあったんだと感慨深いものがありました。大きな戦いの舞台裏で展開された重大事件を皆さんにも是非知って欲しいです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

新田次郎 「槍ヶ岳開山」

登山というのは誰でもすぐに始められる身近なスポーツであり、レジャーですね。近くの里山にピクニック気分で登るもよし、日本アルプスのような高峰に挑むもよし、日の出を見るために富士山に登るもよし、フル装備で雪山に挑むもよし、自分の体力と相談していくらでも楽しむ範囲を広げることができます。日本では主な山は全て登頂されており、登山者が多い山は登山道も整備され、よほど無謀な挑戦をしない限りは安全に登頂できます。そうやって現代の私たちが登山を楽しめるのは、誰も登ったことのない山に誰かが最初に挑戦し、その経験を生かして後に続く人が出て、そのノウハウによって徐々にルートが確立され、そして多くの人によって次世代のための登山道が作られていったからです。だから感謝するために辿っていくとすれば、やはり初登頂した人に行きつくことになります。北アルプスにある槍ヶ岳の場合は、幡隆という僧侶が中田又重郎とともにそれを成し遂げました。この物語はその快挙を描いています。もちろん小説ですのでよりドラマティックにするために創作部分がかなり盛り込まれてはいますが、幡隆上人による開山というのは事実で本人が書いた記録も残っています(もし幡隆上人の真の姿に触れたいという方は穂苅三寿雄(ほかり みすお)の研究本を読まれるといいと思います)。前人未到の槍ヶ岳に挑む幡隆の胸の内には、過去にあやまって殺害してしまった妻に対する贖罪の思いがありました。そして苦心の末槍ヶ岳の頂上に立った時、霧の中に浮かぶ妻の姿を見ます……。過酷な環境で幻想的な世界が広がるシーンは感動的です。新田次郎お得意の山岳小説ですから臨場感は抜群で、一緒に登っている気分を味わえます。これを読めば皆さんもきっとどこかの山に登りたくなるのではないでしょうか。その時には是非、その山を開山した人への感謝の思いを抱いて、一歩一歩登って行かれるといいのではないでしょうか?

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

大江健三郎 「飼育」

昭和33年第39回芥川賞受賞作です。大江健三郎はご存知のようにノーベル文学賞受賞者です。この人が受賞したことにおそらく誰も異議はとなえないのではないでしょうか?とにかく恐ろしいほどの実力の持ち主です。えしぇ蔵は個人的には日本文学史において、三島由紀夫と大江健三郎の二人はちょっと群を抜いているのではないかと思っています。余談ですが、川端康成がノーベル文学賞を受賞した際、お祝いに駆け付けた三島由紀夫に対して記者が「次は三島さんですね」と言ったのに対し「次は大江君だよ」と答えた話は有名です。当時大江健三郎はまだ33歳です。いかに早くから類稀な才能を開花させていたかがわかりますね(またその才能の将来を見抜く三島由紀夫の慧眼にも驚きます)。そんなすごい人は最初からすごい作品を書いているわけで、この作品の芥川賞受賞は23歳の時です。人間誰しもいい作品を書こうと思えば小手先だけの文学的技術では足りません。紆余曲折を経て様々な経験をし、またたくさんの人と出会って様々な人生を見て、自分の内面を鍛えた上でないと書けないものです。従ってどうしてもいいものが書けるようになる時には年齢的に若年を卒業している場合が多いものなので、どうして23歳でこれほどのものが書けるのか、えしぇ蔵には不思議でしょうがないです。ストーリーは戦争中のエピソードです。ある田舎に米軍の飛行機が墜落し、黒人兵が村人に捕まります。本来は捕虜であるわけですが徐々に主人公の少年や村人と黒人兵の間に心の交流が芽生えていきます。それがある日……あとは読んで下さい。衝撃のラストが用意されています。大江健三郎の文章は自信に満ち溢れています。非常に水準の高いところに達しており、そのために「すごいのはわかるけど、読みにくい」と言う意見もありますが、それは有名な抽象絵画をどう見るかというのと同じでじっくり取り組んでみれば徐々にそのすごさが伝わってくるものです。だから腰をすえてゆっくり日本を代表する人の文学を楽しんでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME |  »

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する